紫外線を防ぐコツ!

青空
肌の老化の最大の原因は何かご存じですか?実は、紫外線が80%と言われています。
なので、アンチエイジングを目指す女性にとって、紫外線対策は絶対に必須なのです!


UVカットで気をつけてほしいのは、こちら

  • 曇りの日でも60%の紫外線が届きます。
  • 雨の日でも30%です。
  • 日陰でも日なたの50%が届きます。
  • 長袖でも薄手や白は、紫外線を通しやすいです。
  • 家の中でも紫外線は届きます。

日焼け止めの選び方としては、吸収材フリーもしくは、ノンケミカルのものがおすすめです。
ウォータープルーフはクレンジングの際に肌を痛める可能性があるのでおすすめしません。
では、それ以外で、紫外線を防ぐコツを紹介しておきます。
↓↓↓↓↓

服装を完璧に!

海
紫外線を防ぐには、服装を見直しましょう!
「腕くらいなら出しても大丈夫、、、」なんて思っているあなたは大間違いです!
実は、どこからでも受けた紫外線というのは刺激が全体に行き渡り、メラニンの生成を活発にすると言われているのです。
必ず、長袖もしくは羽織るものを着用するようにしましょう。
当然のことながら、夏でも同じです。


また、案外知られていませんが頭髪はもっとも紫外線の影響を受けやすいのは、頭髪です。
なので、帽子を必ずかぶり、日傘を差すようにしましょう。

さらには目も紫外線から守りましょう。

花
紫外線の影響は肌だけではなくなんと、眼の老化まで促進してしまうのです。
特に夏場などは、UVカットのサングラスをつけるようにしましょう。


色が濃いサングラスは、反対に目に負担をかけると言われているので、色の薄いサングラスがベストです。
また、コンタクトでもUVカット加工のものがあるので、コンタクトレンズ屋さんで相談してみましょう。

外を歩くときはなるべく日陰!

シーサー
「まさかそこまでしなくても、、、」なんて思うかもしれませんが、
紫外線の影響は思っている以上に強いのです。


今は良くても数年後にシミが出来た、、、なんてことにならないうちに早めの紫外線対策を行いましょう1
外出時は、なるべく日陰を選んで歩くようにしましょう。
特に、信号待ちなどでは、電柱の影に立つようにするといいでしょう。

ウォーキングはどうする?

沖縄
美容や健康のためにうってつけのウォーキングですが、
紫外線を浴びてしまっては元も子もありません。
なので、ウォーキングをするなら、紫外線の少ない早朝か、夕方以降にしましょう。
防犯の面が気になるならば、人通りの多い場所を選ぶか、もしくはジムにてウォーキングをしましょう。

ランチタイムでは!?

野外でランチを食べるよりも店内で食べるほうが紫外線を防ぐことができます。
更に、窓際にすわるよりも奥に座るほうが紫外線は届きにくいでしょう。