トマトは栄養バランスのとれた食べ物!

看護師
「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらい
トマトには、栄養が詰まっています。


リコピン、ビタミン、食物繊維、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれているのです。

トマトの栄養はこちら!

ミニトマト

食物繊維のペクチン

トマトには水溶性食物繊維のペクチンが含まれています。
なので、便秘解消やデトックス効果があります。


ミネラル

トマトには、カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄がふくまれています。
これら、ミネラルにはビタミンの働きを助けてくれるので代謝がアップします。


ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE

  • ビタミンAには皮膚を守る働きがあり
  • ビタミンCには、代謝アップや美肌効果
  • ビタミンEには、若返りビタミンともよばれ血流改善を促します。
  • ビタミンB6には、脂肪の代謝を促進するので、ダイエット効果もあります!

リコピン

ここまで、美容にトマトに人気がでたのもリコピンのおかげと言っていいでしょう。
リコピンには抗酸化作用が高い


つまり、活性酸素を除去して若返り効果があるのです!
リコピンの抗酸化作用はなんとカロテンの2倍以上とも言われるくらいスゴイのです!
抗酸化作用が高いと、ガン・生活習慣病・動脈硬化・二日酔いなどを予防したり、ダイエットや美肌効果バツグンなのです!


おまけに旨味成分があり
トマトにはグルタミン酸や、アスパラギン酸などの旨味成分が豊富です。
なので、生で食べても、調理しても美味しくいただける野菜なのです。

生活習慣病をも予防するトマトがすごい!

ミニトマト
現代人の悩みともいえるのが生活習慣病です。
そこで、生活習慣病におすすめの野菜にトマトが挙げられます。


トマトには、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含みます。
更には、リコピンという抗酸化作用が高い栄養素があるのです。
リコピンには、悪玉コレステロール血を低下する働きがあります。
また、動脈硬化を予防する効果もあるのです。
ミネラルが豊富なので、高血圧予防にもお勧めです。

トマトでガン予防

ミニトマト
人間には、ガンの元になる細胞が1日3,000〜5,000も発生すると言われています。
この原因には、活性酸素があるのですが、ガン予防にはまず活性酸素を発生さえないことが大事です。


活性酸素を増やさないためには、飲酒や喫煙を控えたり、ストレスを溜めすぎないことです。
でも、生活する限り防ぎきれない部分もあります。
そんな時は、抗酸化作用があるトマトを食べるのがお勧めです。


トマトには、ビタミンC・ビタミンE・リコピンなど
活性酸素をやっつける栄養素が豊富なので、ガン予防におすすめしておきます。

トマトで食欲増進

ミニトマトを手に持った画像
トマトの酸味でもあるクエン酸やリンゴ酸には、胃液の分泌を促進したり
食欲増進効果があります。

またタンパク質の消化を助ける酵素の働きも強いので、胃腸が疲れているときにはおすすめの食品です。

トマトのダイエット効果

水中 トマト
「トマトを食べるだけで本当にやせるの?」っておもっちゃいますよね?
ですが、本当に痩せるんです!
では、トマトの主なダイエット効果を3つご紹介します!


1,食物繊維

食物繊維は、水分を含むと胃の中でむくむくと膨らんでいきます。
これが、食べ過ぎ防止になるので、なるべく食事の最初にトマトを食べましょう!


それから、食物繊維は腸内を掃除してくれます。
これにより、腸内に脂肪の沈着を防ぎますし、デトックス効果で代謝もアップするのです!!
更に、インスリンの働きを良くする作用もあるので、血中の糖分を処理するとされているのです。


2,クエン酸の働き

クエン酸には、糖質の代謝を促進する効果があります。
つまりこれって、脂肪燃焼効果があるということです。


3,リコピンの働き

リコピンは体内で脂肪細胞が増えるのを抑える働きがあります。
また、脂肪が吸収されにくくする働きもあります。

トマトに美白・美肌効果!

水中 トマト
女性の敵とも言えるのが、シワやシミですよね。
これらシワやシミの原因になるのがメラニンです。


なんと、トマトに含まれるビタミンC・ビタミンE・リコピン・カロテンなどの抗酸化作用によってメラニンの発生をも抑制してくれるのです。


更には、
ビタミンAの粘膜を丈夫にする効果や、
コラーゲンの生成を助けるビタミンC
血流を改善するビタミンE
皮膚病を治す効果のあるビタミンB6
毛細血管を強くして皮膚に栄養を送るビタミンP
非下線の働きを促進して肌荒れを防ぐビタミンHという、


ビタミンもバランスよく含まれているので、美肌&美白効果に優れているのです。

トマトで便秘解消!

ミニトマト
便秘って美容の大敵です。
お肌があれるだけでなく、癌の原因になったり、イライラや肩こりの原因にまで、、、

そんなにっくき便秘を女性が放っておいて言いわけがありません。
そんなときのおすすめ食品がトマトです。


トマトには整腸作用を促すペクチンが含まれています。
ペクチンは水溶性食物繊維の一種で、下痢や便秘を予防して腸内環境を整えてくれます。
更には、コレステロール値を低下させてくれるのです。

二日酔い防止にはトマトジュース!

トマトを手に持った画像
トマトは二日酔いにもお勧めです。
理由は、アルコールの分解で発生したアセトアルデヒドをリコピンが抑える効果があるのです。


更に、トマトにはりんごさんやクエン酸の働きで、荒れた胃のむかつきを回復したり粘膜を保護したりしてくれます。
もちろん、飲み会の前にトマトジュースを飲めば、二日酔い防止になります!
お酒を飲む2時間前に飲めばOKです!

おまけ

ミニトマト
トマトジュースやリコピンを継続して摂取していると
花粉症のくしゃみや鼻づまりの改善効果が期待できるようです。
寝付きが浅い場合は、トマト酢を飲めば解消されるようです。


理由は、GABAというポリフェノールが含まれており、血行促進効果、ストレス緩和効果があるからです。

トマトカラー

赤色という色は、みているだけで、体温や脈拍などの血圧を挙げて、代謝アップ作用があるのです