呼吸とアンチエイジングの関係ご存じですか?

耳を傾ける女性
「アンチエイジングに呼吸法が大事!」
と言われても、ピンと来ないかもしれません。
ところが、呼吸法は我々の健康やアンチエイジングととっても関係が深いのです。


呼吸には大きな役割が2つ!

  1. ガス交換
  2. 自律神経との関係

ガス交換は、酸素を体の細胞に運んで、二酸化炭素を排出することですが、呼吸が浅いと、この働きが追いつかなくなるのです。
そうなると、十分に酸素が取り込めず、代謝高率が低下、、、
体に余分な毒素を溜め込みやすい状態に、、、


自律神経との関係ですが、呼吸が浅くなると
呼吸自体が早くなりやすいのです。
これは、自律神経でいう交感神経優位の状態。

交感神経優位になるとこんな症状が↓↓↓↓↓

  • 便秘
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 冷え性
  • 頭痛
  • 肌の乾燥
  • 髪のパサツキ
  • 太りやすい
  • イライラ
  • 不安
  • 焦燥感
  • 疲労感

具体的に呼吸法はどうすればいいの?

ストレッチをする女性
呼吸が早く、浅いとアンチエイジングに悪いことはわかってもらえたと思います。
では、具体的に理想の呼吸法については、
長く・ゆっくり呼吸することです。


どんな体勢で呼吸するのがいい?

とくにどんな体勢でも構いません。
寝ても立っても、椅子に座っていても構いません。
ただし、背中を丸めずにリラックスした状態が理想です。

長く吐くのは、どれくらい?

具体的には、吸った息の2〜4倍くらいゆっくりと吐きましょう。
イメージとしては、吸った息を全部吐き出すという具合で大丈夫デス。

いつ?どれくらいやればいいの?

いつでも、好きなだけやってもらえれば結構です。
お仕事中でも気持ちを落ち着かせたい時や
自宅でリフレッシュしたい時など
ただし、食後や体調が悪い時などはやめておきましょう。