ヨーグルトの食べ方で、アンチエイジングできるコツ!

ティータイムセット
ヨーグルトがアンチエイジングにいいのは、だれでも知っています。
ですが、ヨーグルトの食べ方を知っているかしらないかでも効果の違いが変わってくるのです!

ヨーグルトを食べる時間帯おすすめは?

パン写真
ヨーグルトを食べる時間ですが、
ほとんどの方が朝食にヨーグルトという定番コースです。


しかし、ヨーグルトは夕食に食べることをおすすめしておきます。


なぜなら、腸にはゴールデンタイムという時間があるのですが、それが22時〜深夜2時です。
この時間帯に腸の働きが活発になるのです。
ですから、夕食に善玉菌を仕込んでおくことでより、腸内環境を整いやすくなりアンチエイジングに役立つということです。

食前?食後?タイミングはいつ?

トースト
また、ヨーグルトを食べるタイミングですが、
なるべく食後のほうが最適です。
なぜなら、ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌が豊富ですが、人間の胃酸によって殺菌されてしまうのです。


なので、胃酸が薄まる食後に食べるほうが、胃で乳酸菌が殺菌されにくいということになるのです。

もう一つ夕食に食べたほうがおすすめのポイント

ミルク
みなさんも寝る前にホットミルクを飲むとリラックスすて安眠できると聞いたことありませんか?


実はこれは、牛乳に含まれるタンパク質に関係があります。
牛乳のタンパク質は分解されると
鎮静作用のあるオビオイドペプチドが作られます。
もちろん、ヨーグルトには牛乳のタンパク質が含まれています。
なので、夕食にヨーグルトを食べることで心がリラックスして安眠効果が得られるのです。