シャンプー後のヘアケア剤はどうやって選ぶ?正しい使い方!

毎日のお手入れにはコンディショナー
ダメージが気になるときはトリートメントをするというのが基本です。


コンディショナーとリンスはシャンプー後の無防備な髪を守り、髪の表面を覆うキューティクルを整えます。
(とくに時間をおかなくてもすぐに流してOKです。)


一方、トリートメントやヘアパック(ヘアマスク)は、更にその内側のコルテックスまでじわじわと浸透し、髪内部に栄養を与えてダメージを修復します。(時間は15分以上は置きたいところ)


普段はリンスやコンディショナーを使い、週に一度だけトリートメントやヘアパックで集中ケアするという使い方が一般的。


ただし髪のダメージが深刻なら、毎日トリートメントを使ってもいいでしょう。

リンスとヘアパックなど2種類を組み合わせて使う場合は、シャンプー⇒ヘアパック⇒リンスというように、リンスを最後にします。
トリートメントやヘアパックで髪内部に栄養を送り、リンスやコンディショナーで表面にフタをする、というイメージです。

各ヘアケア剤の働き

リンス

キューティクルの表面をコーティングして指通りを滑らかにする。


コンディショナー

キューティクルの隙間を埋めて整える


トリートメント&ヘアパック

コルテックスまで浸透し、髪内部に栄養を与える。