ドライヤーの前にまずは、これ!

ドライヤー

タオルドライ

ドライヤーに使う時間が出来るだけ短くて済むようにまずはタオルドライをしましょう。
濡れた髪を乾かす前に余分な水分をタオルで取り除いておきます。


ただし、濡れた髪は水分を吸ってキューティクルが開いているので、とてもデリケートな状態です。吸水力が高いタオルを使うことをおすすめします。
また、できるだけ髪が摩擦を起こさないように配慮しながらタオルドライをしましょう。

タオルドライのやり方!

髪を手で触る画像

ステップ1,毛束を少しずつタオルではさみ軽く叩く

タオルを両手で持ち、毛束を挟んで、ポンポンと軽く手のひらを打ち合わせる。
髪が長い場合は、毛束の根元から毛先へ少しずつ一をずらしながら、まんべんなくやりましょう。

ステップ2,タオルを被って軽くもみ頭皮の水分をとる

頭からタオルを被り、両手の指の腹で頭全体を小刻みにもみ見ながら、頭皮の水滴を取り除く。
注意して欲しいのは、頭皮をタオルでゴシゴシこすると、髪がこすれあってダメージをうけるのでやめましょう。

ドライヤーで乾かす

髪が濡れたまま寝ると、枕やシーツでこすれあってキューティクルが傷つき、髪が傷む原因になります。
「じゃあ自然乾燥が一番いいのでは?」とおもいがちですが、
自然乾燥では、水分が残り雑菌が蕃殖して頭皮トラブルを引き起こすこともあるので、ドライヤーで素早く乾かすのがベスト!
ドライヤーの熱が1箇所に集中しすぎると髪が痛むので、
髪から20cm以上離し、小刻みに先端を振りながら、髪の根元から乾かしましょう。

乾かすときのポイント!

アイロンとドライヤー

1,事前に髪を熱から守るヘアケア剤を毛先になじませるとGood!

ヒートプロテクト効果(ドライヤーの熱から髪を守る効果)のあるヘアケア剤を、ドライヤーの前に髪になじませるとダメージを最小限に!


両手のひらに薄く伸ばしてから、毛先を中心になじませて。ショートヘアで1プッシュが目安です。つけすぎると重みで髪にボリュームがでなくなるので注意してください。

2,ドライヤーを左右に振りながら温風を頭皮にあてる

毛先より根元のほうが乾きにくいので、下からドライヤーを構え、毛束をかきあげながら頭皮に向けて温風をあてるとよいです。


この時、温風が一点に集中すると髪表面が熱を持って傷みやすいので、ドライヤーの送風口を小さく左右に振り、紙の温度を上がり過ぎないようにする。

3,完全に乾かし目の粗いコームで整える

就寝前などでスタイリングをしないなら、髪を完全に乾かし、目の粗いコームやスケルトンブラシで軽く溶かしておきましょう。

4,ボリュームを出したい顔周りの髪にスタイリングブラシを

髪の根元にスタイリングブラシをあててブローすると、よりしっかりと根本の立ち上がりが固定されるようになります。
顔周りの前髪と両サイド、トップから後頭部にかけての髪をブローするだけで美しいシルエットに仕上がるのでおすすめ!

5,スタイリングブラシですくった部分の髪の温風を送る

痛んだ髪
スタイリングブラシで毛束の根本をすくったら、髪の向きと平行にドライヤーの風を当てる。
ブラシからでた先の髪ではなく、ブラシですくった部分の髪に温風を当てるのがポイント。
3〜5秒間じっと温風を当てたら、そのまま冷風に切り替えて5〜7秒間。その後、ドライヤーとブラシを一緒に毛先へ移動させるとベストです!

6手首を上手く使ってまとまりのある髪に

スタイリングブラシを髪の根元から毛先へすべらせる際に、手首の動きを利用すると、自然な内巻きのまとまり感のあるスタイルに整うのでやってみて。ブローする場所によって若干のコツがあるので体で覚えます。