アンチエイジングに必要な油は、酸化しにくい油

オリーブオイル
体内で活性酸素を増やしすぎないことが、アンチエイジングの絶対条件です。
ですが、油というのは酸化しやすい性質を持っており、活性酸素を増やす原因となりやすいのです。


そこで、アンチエイジングにおすすめなのは、酸化しにくい油になります。
この酸化しにくい油というのは、オレイン酸をはじめとする、一価不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、代表的なものにオリーブオイルが挙げられます。

これら一価不飽和脂肪酸は、加熱による酸化に強いです。
なので、生で食することはもちろん、揚げ物、炒め物などの加熱調理にもおすすめです。

反対に、酸化しやすい油がリノール酸です。

オリーブオイル
リノール酸は、べにばな油、ごま油、大豆油などに含まれているのですが、酸化しやすいという性質があります。


リノール酸はとりすぎてはいけない!

一昔前に、リノール酸の健康ブームがありました。
しかし、最近では、そんなことはありません。


なぜかといいますと、昔は、リノール酸は血中コレステロール値を低下させる作用があるとされ人気が急上昇しました。


ですが、最近では昔ほどの人気はなくなりました。

その理由としては、リノール酸のとりすぎは、悪玉コレステロールどころか、善玉コレステロールまで下げることがわかったのです。
それどころか、結腸ガンや乳ガンを高めるリスクもあります。


また、血液をどろどろにするアラキドン酸が過剰に作られてしまうなどの報告もあります。


また、リノール酸にはアレルギーとの関連性もあげられているのです。

こちらは、悪玉コレステロールをさげますが、善玉コレステロールは下げないのです。
さらに、動脈硬化を予防してくれるのです。


それ以外の油について

食用油
また、nー3系に分類される、DHA、EPA、魚油、シソ油、エゴマ油、アマニ油などは、血中悪玉コレステロール値を減少させて、善玉コレステロールを高めます。


さらに、アレルギーとの関連も注目され、アレルギーの改善作用があるとされているのです。
ただし、こちらも酸化しやすいという性質がありますのでご注意を!

こちらでは、アンチエイジングに関係した油の知識をまとめています。

油をとらないと太る理由

ピザの油
ダイエットとなると真っ先に目の敵になってしまうのがこの油ですよね。
実際、油はカロリーが高いのでそのように思われるのはしかたありません。


がしかし、油にはダイエットに関して大事な役割があるのです。
油は、脳がおいしいと感じるようになっているのですが、これにより食事の満足感が得られます。


しかし、ダイエットで油ぬきの食事をしていると、すぐにおなかが空いて、ついついドカ食いをする原因にもなるので結局は、ダイエットに失敗しやすくなるのです。


油不足はホルモンバランスを乱す原因に!

オリーブオイル
油は体内でエネルギーになる以外にも、細胞膜、血液、ホルモンの材料になるのです。
つまり、油不足は、細胞膜や血液がうまく作られない以外に、ホルモンバランスを乱す原因となるのです。


油不足は肌荒れの原因に!

また油には脂溶性ビタミンの吸収を促進してくれる効果がります。
ビタミンは代謝を助ける働きがあるので、油も大事なんですね


もし油が、不足すると肌荒れの原因になったりするので注意して下さい

コレステロールについておさらい!

オイルとコック
コレステロールは、体内で、細胞膜や神経細胞の材料になります。

また、ホルモンや胆汁、胆汁酸の材料にもなります。
そんなコレステロールですが、食べ物からよりも、体内で作られる方が多いのです。


具体的にはコレステロールの7、8割は肝臓で作られます。
それ以外の2、3割が食べ物からの接種になります。


血中のコレステロールは、全部使われるかといえば、そうではありません。使われない分は、再度、肝臓へ戻り再利用去れます。


これら、肝臓へ回収するのもコレステロール独自が行うのですが、そんな回収役が有名な善玉コレステロールです。


善玉と呼ばれるゆえんは、血管を守るので、善玉と呼ばれます。
反対に悪玉は、血液をどろどろにしたり、酸化して、血管にへばりつき動脈硬化のリスクをあげるので悪玉と呼ばれれます。

世界も認めている、トランス脂肪酸のやばさ

オイルとサラダ
我々が普段、口にする脂肪酸のなかに、トランス脂肪酸というのもがあります。


トランス脂肪酸は、大豆油やコーン油などの植物油に、水素を混ぜて、分離しない状態にするいわば、ショートニングの段階で発生します。


トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、ファーストフード店のフライドポテト、チキンナゲット、スナック菓子、菓子パン、マーガリンに多く含まれています。

世界保健機構でも注意を促している!

あの、世界保健機構のWHOでさえも、食べ物の1%未満にしなさい!と勧告しています。
トランス脂肪酸は、体のなかで分解できないので、腸内環境を狂わせて、毒素を発生させるからです。


また、悪玉コレステロールを増加して、善玉コレステロールを低下させます。


アメリカなどの諸外国では、食べ過ぎないように注意していますし、加工食品には、含有料の表示を義務づけています。


毎日毎日、トランス脂肪酸をとることが多いあなた!!
将来大腸ガンになってもいいのですか!?

あなたの知らない間に、悪い油をとりすぎている!

オイルをおいてる店
いまでは、一歩外にでたら、食べ物に困らないようになました。
なぜかといいますと、外食やコンビニの食事があるので、一切困らないのです。


しかし、これらには、大量の悪い油が使われています。
トランス脂肪酸といったり、また油自体が酸化しているので、病気や老化の原因となるのです。


とくに、インスタント食品には悪い油がたくさん使われています。
インスタント食品なんかは、簡単に作れるのでみなさん利用していませんか?


レトルト食品、総菜パン、スナック菓子、カレールー、インスタントラーメンなどなど、、、、数え上げたらキリがありませんね。
これらインスタント食品には、大量のトランス脂肪酸や悪い油が含まれているので、なるべく制限しましょう!
また、スーパーにならぶ冷凍食品にも、やはり大量の悪い油が含まれます。
こう考えると、世にあふれる既成品には、やはり体に悪く、アンチエイジングの敵隣ります。
なるべくなら、自然の食品をつかって、手作りをするほうが、健康には良いといえます。