果物盛り合わせ
アンチエイジングのために果物がいいことはみなさんご存知ですよね?果物には、ビタミンやミネラル以外にも酵素を含んでいるので健康やアンチエイジングにはもってこいの食品です。では、そんなアンチエイジング食の果物ですが、いったい1日にどれくらい食べたらいいのかご存知ですか?
フルーツバスケット
最近では、フルーツはアンチエイジング食品として盛り返しを見せているもののまだまだ、日本人のフルーツ離れは深刻な問題です。日本人のフルーツ離れはなんと、先進国の中ではワースト1なのです!なぜ、ここまで日本人のフルーツ離れが進んでいるのか?一つの理由に、「皮を向くのが面倒!!」というのがあります!ですが、安心してください、アンチエイジングを目指すならフルーツの皮をむかなくてもいいのです!
畑
輸入フルーツを食べたがらない人たちの中には、農薬を心配している人が多いです。ですが、輸入フルーツでも農薬はまったくもんだありません。きっと、オレンジやグレープフルーツについている白い粉のせいで、農薬が多いという都市伝説が始まったのでしょう。
レモン イラスト
キウイはビタミンのなかでも特にビタミンCが豊富です。更に、フルーツでは珍しくカルシウムが豊富なのも嬉しい特徴です。更に、タンパク質を分解する酵素が豊富なので、肉料理の後に、デザートとして食べれば、食後の胃もたれや胸焼けを予防してくれます。年中手に入るし、値段も手頃の嬉しいフルーツです。健康効果風邪予防骨の健康維持血管をキレイにするコレステロール値を下げる免疫機能を整える
冷える女性 イラスト
健康や美容のためにフルーツを食べたいと考えているのに「フルーツは体を冷やすから、、、」という理由で、ためらっているなら非常にもったいないことです!!なぜなら、フルーツは体を冷やさない!からです。よく、フルーツにふくまれるカリウムなどのミネラルによって、冷えると思われがちですが、体温を調節するといった程度で、体が冷えることはありません。さらには、フルーツにはビタミンCやビタミンEなど血行を促進する働きをもつビタミンも多いので、フルーツ自体が極端に体を冷やしてしまう食べ物ではないのです。それよりも、フルーツで体が冷えると思われているのは、冷蔵庫でキンキンに冷やしているからなのです。
虫歯 イラスト
みなさんも聞いたことありませんか?フルーツを食べると虫歯になりやすい、、、と。ですが、歯科医や歯学部の教授たちはみんな、「そんなことはない!」と口をそろえて言います。実は、フルーツを食べると虫歯になりやすいというのは、間違った認識のようです。
さくらんぼ イラスト
フルーツは、肌を老化させるのではないか?という間違った意見があります。というのも、フルーツは糖分が多いので、肌が糖化してシミやシワが増えるのではないか、、、という意見ですが、そんなことはまったくありません。なぜなら、以前の記事でも紹介したとおり、フルーツは血糖値があがりにくい低GI食品だからです。まったくの誤解です。
苺 イラスト
フルーツは血糖値が上がりやすい食べ物、、、糖尿病の人はフルーツをタベない方がいい、、、というのは、大きな間違いです。では、フルーツが血糖値があがりにくいという根拠からご紹介しましょう。
モモ
フルーツが体にいい健康にいい!アンチエイジングにいい!ということを知っていても「フルーツって太るんじゃないの?」って思っているためになかなか食べない人もいます。結論からいいます。フルーツは太りません!太るどころか、痩せるしダイエットに最適なのです!では、なぜフルーツがダイエットに最適なのか解説していきます。