農薬の安全性は?特に輸入フルーツ、、、

畑
輸入フルーツを食べたがらない人たちの中には、農薬を心配している人が多いです。
ですが、輸入フルーツでも農薬はまったくもんだありません。


きっと、オレンジやグレープフルーツについている白い粉のせいで、農薬が多いという都市伝説が始まったのでしょう。

農薬は全く問題ない!

畑
日本では、厚生労働省の厳しい基準によって、輸入フルーツについている農薬の検査を、3段階にも分けて行い、その検査に合格したものが日本に輸入され販売されます。


この3段階をさらに細かく言うと

  • 1段階・・・輸出国で行われる検査
  • 2段階・・・輸入時に行われる検疫検査
  • 3段階・・・輸入時に地方自治体に所属している食品衛生監視員による検査

厳しい基準が設けられている日本

日本では、食の安全生には厳しい基準が設けられています。
その名も「食品衛生法」といい、
残留農薬の基準や、食品添加物の基準も厳しく定められているのです。
そして、この基準に合格しなかったフルーツは、市場に並ぶことはありません。

オレンジの皮でジャム、紅茶にレモンを作っても大丈夫?

オレンジ
輸入オレンジ、レモンの残留農薬は、食品衛生法によって実だけでなく皮も食べても安全ということが保証されています。
防かび剤に関しても基準内に満たされています。
なので、水洗いをしてやれば問題なく摂取できます。

輸入のアメリカンチェリーやぶどうは皮ごと食べても大丈夫?

さくらんぼ
厚生労働省が発表している残留農薬検査結果を見ても、基準値以上の農薬が検出されることはまずありません。
更に、社団法人日本植物防疫協会によると、輸入フルーツは、水洗いだけで何の問題もなく口にすることができると発表しています。


そして、輸入だからといって国内のフルーツと同じ基準をクリアしているので、水洗いだけで問題なく皮ごと食べても大丈夫です。
国産のフルーツにおいても、農薬や防かびの基準をクリアしたものなので心配ありません。

リンゴに付いている、白い粉は?テカテカしているのはワックス?

カットりんご
リンゴを毎日食べたら、
健康にも美容にもいいのはみんな知っていますよね。
でも、リンゴに付いている白い粉やテカテカなどが、残留農薬やワックスだと思って嫌がる人もいます。


実はこれ、まったく安全だって知っていますか?


白い粉は果粉(ブルーム)というもので農薬ではないのです。

果粉(ブルーム)は、リンゴだけでなく、柿、スイカ、ぶどう、プルーン、アボカドなどにもよく見られます。
これは、フルーツが、雨や霧に濡れて水分で腐敗したり、病気に感染したりしないように保護するためです。
また、果実自体の水分が蒸発しないように、新鮮さを保つために作られているのです。

テカテカは?

カットりんご イラスト
リンゴの皮がちょっと油っぽくてテカテカしているのは、例えば、私達人間の肌が皮脂から分泌されて、乾燥や細菌感染から守るのと同じ原理です。
フルーツも果粉(ブルーム)を出して、乾燥から守っているのです。

オレンジのテカテカは?

オレンジやレモン、グレープフルーツなどは、カビが生えないように防黴剤(ぼうばいざい)というワックスが塗られています。
これは、ついたまま食べても無害ですが、水洗いだけで簡単に落ちるとされています。
また、日本国内では、防黴剤の基準値も決められているので、輸入品も含めて、安全と言えます。

フルーツを食べる時に舌がピリピリや痛みを感じるのは農薬のせい?

パイナップル イラスト
フルーツ、とくにパイナップルを食べる時に舌がピリピリと痛くなる感じありませんか?
これを農薬のせいだと思っている人もいますが違います。
これはパイナップルに含まれる消化酵素によって口の中のタンパク質が分解、つまり溶けているからなのです。