フルーツは太る?太らない?

モモ イラスト

  • フルーツが体にいい
  • 健康にいい!
  • アンチエイジングにいい!

ということを知っていても
「フルーツって太るんじゃないの?」って思っているためになかなか食べない人もいます。


結論からいいます。
フルーツは太りません!
太るどころか、痩せるしダイエットに最適なのです!
では、なぜフルーツがダイエットに最適なのか解説していきます。

フルーツはカロリーが高い?

みかん
フルーツが太ると思われている原因に、カロリーが高いという誤解があります。
実は、これが大きな誤解なのです。


たとえば、リンゴ100gでは54キロカロリーなのに対して、
ショートケーキは344キロカロリー
せんべい465キロカロリー
チョコレートは554キロカロリーです

これだけでも、フルーツを食べているほうがよっぽど太りにくいということがわかりますよね?
さらに、フルーツには太りにくい秘密がまだあります。


フルーツは、食物繊維や酵素を含んでいます。
なので、体には消化に優しくて、さらにデトックス効果もあるというまさにすぐれもの。
そのうえに、抗酸化作用が高くアンチエイジングになるとしたら、あなたの明日からのおやつはもうフルーツで決まりですね。!

フルーツダイエットをするとさらにいいかも!

柿
もし、あなたがある食品でダイエットをしているのなら、フルーツでやってみるといいかもしれません。


というのは、思った以上にカロリーが少ないからです。
なんと、バナナ2本と子供茶碗のごはんとカロリーがほぼ同じなのです。


また、お寿司1貫が42キロカロリーなのに対して、ももは1個40キロカロリーです。
ももを1個たべたら、それなりに満足感があるので、頑張れば1食置き換えダイエットができそうですね。

ドライフルーツには注意!

栗
ドライフルーツは、水分が乾燥してあり、うまみが凝縮してあります。
当然、カロリーも凝縮してあるのです。


同じブドウ100gでも59キロカロリーに対して、干しぶどうは300キロカロリーです。
それに、ドライフルーツはついつい食べ過ぎてしまうので、注意してください。