フルーツって血糖値があがりやすい!?

苺 イラスト

  • フルーツは血糖値が上がりやすい食べ物、、、
  • 糖尿病の人はフルーツをタベない方がいい、、、

というのは、大きな間違いです。
では、フルーツが血糖値があがりにくいという根拠からご紹介しましょう。

GI値というのを聞いたことあるでしょうか?

メロン イラスト
GI値というのは、ブドウ糖を100とした場合の、血糖値の上がりやすさを数値にしています。

たとえば、
白ご飯81
食パン91
じゃがいも90


といった具合です。
ところが、フルーツだと
キウイ35
りんご39
イチゴ29

というなんともフルーツは低GI食品だったのです!!


このフルーツの血糖値をあがりにくくしてくれている秘密こそ、食物繊維にあります。


フルーツは食物繊維が豊富ですが、水溶性食物繊維は、腸のなかをゆっくり移動するようになるし、不溶性食物繊維は、フィルターの役割をして、血糖を吸収しにくくしてくれるのです。

なんと日本糖尿病学会もフルーツを推奨していた!

キウイ イラスト
日本には、日本糖尿病学会というものがありますが、糖尿病の患者にも1日80キロカロリーにフルーツをとるように推奨しているのです。
これも、フルーツが低GI食品だからこそなのです。
糖尿病患者さんの1日のフルーツの量を紹介すると、みかん中2個、りんご中半分、バナナ中1本といった具合です。


ただし、フルーツジュースはだめですからね。
あれは、生の果物とは別の食べ物です。
フルーツジュースは砂糖が加えられているうえに、食物繊維が取り除かれているので、注意してください。